バーチャルオフィスは一等地の住所利用可能以外のメリットも沢山ある

オフィスビル2棟

バーチャルオフィスのネットショップ利用は各種規約を要確認

バーチャルオフィスの住所貸しサービスは、個人でネットショップを運営する方にとって魅力的なものです。賃貸契約オフィスのように毎月十数万円から数十万円のランニングコストをかけずにネットショップの概要欄に住所や電話番号などの連絡先を公開することができます。また、賃貸契約マンションやアパートに住んでおり事業利用が認められていない方でもバーチャルオフィスを利用することで自宅に居ながら事業運営が可能です。そんなバーチャルオフィスですが、ネットショップの運営規約やバーチャルオフィスの利用条件に注意が必要です。
ネットショップのサービスを提供する運営会社によってはトラブル防止のためバーチャルオフィスの利用が禁じられていることもあります。また、バーチャルオフィスの運営会社においては住所利用や電話転送もしくは受付のサービスは利用可能なものの、ネットショップで販売した商品の返品受付ができないという条件を設けていることもあります。
そのため、バーチャルオフィスのほかに返品先となる住所を確保する必要もあり契約前に注意が必要になっています。とりあえず、連絡先となる住所を確保したい、固定電話番号での専用回線を確保したいという方は問題ないものの、郵送物の転送サービスを利用したいという際には予め運営会社に条件を確認しておく必要があります。

HEAD LINE

バーチャルオフィスのネットショップ利用は各種規約を要確認

バーチャルオフィスの住所貸しサービスは、個人でネットショップを運営する方にとって魅力的なものです。賃貸契約オフィスのように毎月十数万円から数十万円のランニングコストをかけずにネットショップの概要欄に住所や電話番号などの連絡先を公開することができます。また、賃貸契約マンションやアパートに住んでお…

INFORMATION

バーチャルオフィスのネットショップ利用は各種規約を要確認

バーチャルオフィスの住所貸しサービスは、個人でネットショップを運営する方にとって魅力的なものです。賃貸契約オフィスのように毎月十数万円から数十万円のランニ…

read more...

質と料金が両立したバーチャルオフィス会社と契約しよう

イニシャルコストやランニングコストを抑えて起業できるバーチャルオフィスは、経営基盤が安定しない時期において利用する価値があります。また、普段いないオフィス…

read more...

バーチャルオフィスは対面審査を行う運営会社が良い理由

バーチャルオフィスは、安い月額料金で住所利用ができ法人登記も可能なことから起業時のイニシャルコストやその後のランニングコストを抑えられる方法としてメリット…

read more...

バーチャルオフィスでもドロップインでスペース利用が可能なケースも

実務自体は自宅やクライアントの事業所などで行えるため、専用オフィスが不要という際に法人登記が可能なバーチャルオフィスはランニングコストを抑えられるものとし…

read more...

TOP